HOME 製品 ソフトウェア開発 ダウンロード お問合せ 会社案内 個人情報保護方針
カーネルベース(kDB)
データ検索ツール
4D-CAD あ!動く図面
テナント情報管理システム
座席情報管理システム
インテリアコーディネート見積もりシステム


各製品に関する
お申し込み・
お問い合わせは
こちらのページから


データ検索ツール
〜 SQLやプログラミング不要のDBツール 〜
「データ検索ツール」とは
リレーショナル型データベース、つまり表形式データに慣れた人が使い易いインターフェースを持つ、kDBの特長を生かしたデータ解析・編集ツールです。

リレーショナル型データベースやMicrosoft Excelなど、表形式のデータを取り込み、簡単にデータを参照したり更新することが可能です。

SQL文やプログラミングを一切必要とせず、自由にテーブル構造やレコードデータを加工し、帳票の作成や分析を行うこともできます。

このツールを使用することで、難しいSQL構文やプログラミングの知識を必要とせずにデータ検索・集計が行えるので、お手持ちのデータ資産を有効活用することができます。
「データ検索ツール」概要図
データ検索ツール概要図
機能
  • インポート/エクスポート
    CSVファイルをインポートし、kDB内にテーブル構造のデータを構築します。

    複数ファイル(テーブル)のインポートでは、テーブル(のレコード)間に関係付けを行いながら取り込むこともできます。
    (※同じ項目名・値を持つレコード同士を自動判断し、関係付けます。)

    再構成後のテーブルや、検索・集計結果をCSVファイルへエクスポートできます。

  • テーブル・レコードの再構成
    取り込んだデータに対しては、下記の動作(コマンド)により、データを壊す(再構成する)ことなく動的にテーブル構造を編集することができます。

    • テーブル、項目(カラム)、レコードの追加/削除。データー(値)の変更。
    • 項目のカーネル化(テーブルの分割)、テーブルの結合
    • 項目間の関係付け(指定の2項目で同じ値を持つレコード(カーネル)同士の関係付け)

  • 検索・集計
    必要な項目を指定するだけで、テーブルを抽出することができます。

    RDBとは異なり、kDBはカーネル間の関係(テーブル間のリレーション)をシステムで保持しているので、検索・集計時にテーブルを結合(JOIN)する必要がありません。このため、SQL構文による結合テーブルの指定は不要となります。

    また、検索時には関係をダイレクトに辿るので、テーブルの細分化やレコード数が増加しても、高速に検索・集計することができます。

システム要件
CPUIntel Pentiumまたは完全互換プロセッサ 600MHz以上
メモリ512MB 以上
ディスク容量100MB 以上の空き容量
OSMicrosoft Windows 10,  8,  7,  Vista,  XP,  2000
※ 開発中